ロサンゼルスで映画プロデューサー修行中!元フリーアナウンサーのYukoがLAから生の情報をお届け! 映画の話題はもちろん☆カリフォルニアワインや競馬の話もだよ☆ 
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
硫黄島見ました☆
今度の日曜は待ちに待ったアカデミー賞!!

せっかくだからその前に主要作品は見ようと今必死にキャッチアップをしております。
中でもこれだけは見なくては!と思っていたのが

「硫黄島からの手紙」

日本では大ヒットしていましたよね。
LAでは単館ロードショーなので、公開地域が限定はされていますが、もちろん!話題の作品です。

遅ればせながら見てきました。
人それぞれ感想はあると思いますが、太平洋戦争を描いた映画を、アメリカで、アメリカ人と一緒に見るのは不思議な気分です。

こちらでは二ノ宮君演じる西郷、そして伊原さん演じるバロン西が非常に評価が高く大人気。雑誌の表紙にもなっていました。 確かに!二人ともすばらしかったです 
加瀬君演じる清水もよかったな~
個人的には、西郷&清水の物語、手紙をもっともっと描いてほしかったですが。

それにしても、こういった、日本側の視点で描かれた、しかも全編殆ど日本語の映画がアカデミーにノミネートされると言う事は、それはそれは画期的な事!ですよね。
クリント・イーストウッドの力もあるのでしょうが、にしても嬉しい事です。
見た方、是非感想教えてください~


スポンサーサイト
この記事へのコメント
この映画、まだ観てません。
昨日映画に行きましたが、バブルへGOなんて観ちゃいました(笑)
(↑Yukoさん知ってます??)
くだらなくて面白かったですよ!
ルミルミ☆[URL] 2007/02/20(火) 17:35 [EDIT]
v-496v-497映画は2本とも観ました(「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」)
最初に「…星条旗」を観たことが幸いでしたね。というのはあまりにも見事に「硫黄島からの手紙」が画かれていたからです。よくもアメリカ側が当時の敵方の日本をよく捉え、そして巧みな描写で60年の時を経て再生ドラマ化しスクリーンに甦えらせた実に見事な傑作でしたね。イーストウッド監督の指揮采配がいかに卓越しているかに尽きると思いましたね。以上、適切な感想にならないけれど総じて感じたことです。v-496v-497
殿[URL] 2007/02/20(火) 23:37 [EDIT]
僕は「硫黄島」を観たときはやっぱり他人さんの見た日本なんやなった思いましたね。逆にほっとしました。もっとえげつなく描かれていると思いました。それと同じように「父親たち」のほを観ていたんでしょうね。2本見ないとあきませんね。
タダシ[URL] 2007/02/21(水) 15:03 [EDIT]
同じ場面をアメリカ側と日本側からみた映画だよねv-22

見てない・・・

っていうか最近映画見てない・・・

いろんな世界見るのに
映画は必要だよね!

見にいってみよっかなv-22

せいか[URL] 2007/02/22(木) 22:19 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 さくらいゆ~このホッとほっと一息♪ ~Hello from LA~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。