ロサンゼルスで映画プロデューサー修行中!元フリーアナウンサーのYukoがLAから生の情報をお届け! 映画の話題はもちろん☆カリフォルニアワインや競馬の話もだよ☆ 
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未知との遭遇:丸山健二
トークショーに行って来ました
それも、私には珍しく、硬派なトークショー

作家:丸山健二 
作家生活40周年記念トークショー  
です

4022500239.jpg
  4763005316.jpg
  4104192082.jpg


実は実は、私この方の作品、1つも読んでません。
丸山健二?? 誰?それ?
という感じでした。

でもチケットをもらい、というかチケットを私の分も買ってくれた
奇特な方がいらっしゃって、行ってきたのです。

20051207114727.jpg
   これが丸山健二さん 
 輝くスキンヘッドにスマートな体、厳しい目つき
  ウワー 怖そう…  寝ちゃったら怒られるかなぁ
  なんて思って行ったら!


新宿の紀伊国屋ホールの会場は満員御礼 
キャンセル待ちまで出るほど大盛況
こんな怖いおっちゃんに、こんなにファンがいるのね…
そんな事を思った私は、トークショー後に「納得」と頷く結果に…

23歳で芥川賞を受賞(この最年少記録は最近まで破られなかった)
その後は文壇の気質が肌にあわず、文壇とは一線を画し作家活動を行っています。 
信念を強く持って、それを貫く方、非常に厳しい人です。

「アイディアが出てこない? そんな奴はそれまでのものなんだ。
アイディアがあっても書く気力がなくなる? 所詮そこまでの才能なんだ!」
とバシッと言われてました。

そんな厳しさが小説にも現れているそうです
普段の私だったらきっと避けてしまう作家さん
でも、本の前に 丸山健二 という方に出会い、丸山作品を読んでみたくなりました

食わず嫌いや先入観は捨てて、未知の世界を覗く事は大切なんですね。
トークショーに連れて行ってもらって感謝感謝です!

20051207114736.jpg  司会は児玉清さん。
  丸山作品の大ファンだそうです。
  丸山ファンといえば!
4104192074.jpg
  俳優 高倉健さんは大の丸山ファン
  あーー納得という気がします

  これはそんな健さんを主演にして作った小説
  健 繋がりですね
  
  
そうそう、丸山さんは庭作りにも命をかけていて、プロも顔負けだそう。
児玉さんが「ガーデニングをやっている人に一言」と聞くと
「お願いですから、7人の小人を置くのはやめてください。
そんなの置かず、花で勝負してください!」 と。
これは笑えました




スポンサーサイト
この記事へのコメント
児玉清さんの司会、聞いてみたい。
そして、丸山作品読んでみたいです。

この仕事していると、いろんなジャンルに興味を持っていなくちゃいけないんですよねv-217

毎日が、勉強だ~v-237なんて、実行されてないんですがね・・・(苦笑)
なお☆[URL] 2005/12/06(火) 22:29 [EDIT]
青空も本は大好きです。

でも、本屋さんがとっても苦手です。
なぜなら、あんなにたくさん本があっても、どれがいいのかわからないし、目移りしちゃうし・・・。

競馬の予想屋さんみたいな人が居て、『この本がええよ~』とか、『これしかない!』とか教えてくれたら面白いのにっていつも思ってました。

だからいつも読む本は人から紹介してもらったものが多いですね。いいよって薦めてもらった本はやっぱりハズレも少ないですしね。

ゆ~こさんのBLOGで初めて知った丸山さんのお名前もなにかの縁でしょうから早速購入してきて読んで見ますね。

あ・・・「アイディアが出てこない? そんな奴はそれまでのものなんだ。 アイディアがあっても書く気力がなくなる? 所詮そこまでの才能なんだ!」 って言葉はグッと来ました。大事な言葉にしたいです。


青空[URL] 2005/12/07(水) 02:23 [EDIT]
丸山健二さん知りませんでしたm(_ _;)m
確かに一本筋の通ったような方ですね。

あまり作家の人たちを知っている訳では
ありませんが、最近の作家の中で
こんなストイックな感じの人は見ないように思います。
ホント高倉健さんがファンと言うのも納得です。
今度機会があれば読んで見ます。

丁度今日『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』を
買って来ちゃいました。
買う前に知ってれば買ったのに・・・・
ORIS[URL] 2005/12/07(水) 06:13 [EDIT]
なおちゃん
児玉さんの司会は、いわゆるアナウンサー的ではなく、とっても自然で素敵でした。
勉強になりましたよ~


青空さん
そうですよね 本屋さんに行ってもどれを読んだらいいか分からずそのまま帰ってきてしまう事多々あります。
親友が図書館司書の資格を持っていて、図書館で働いているので、今度色々聞いてブログで又紹介しようかな、と思ってます。
丸山作品読んだら感想教えてください。

Orisさん
とってもストイックな人です。
でもユーモアもあって、来年は調子にのって
マルケンサンバでも踊ってるかも♪なんて言ってました。
さおだけや!感想を是非ブログで書いてください!
Yuko[URL] 2005/12/07(水) 06:24 [EDIT]
はじめまして。
私は丸山氏の本、「生きるなんて」が初めてだったのですが、
ほんとに読んでよかったと思いました。
厳しすぎる文章の連続ですが、
どれも真実で、
明日から自分のこともっと大事にしようと思いますね
izarin[URL] 2005/12/18(日) 10:08 [EDIT]
私も丸山健二作品をよく読みます。
現在生きてる中で一番スゴイ作家だと思います。
ぶっぽうそうの夜 の世界観が好きです。

   中川友也(作家)
中川友也[URL] 2010/10/03(日) 03:54 [EDIT]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[] 2011/12/14(水) 22:55 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 さくらいゆ~このホッとほっと一息♪ ~Hello from LA~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。