ロサンゼルスで映画プロデューサー修行中!元フリーアナウンサーのYukoがLAから生の情報をお届け! 映画の話題はもちろん☆カリフォルニアワインや競馬の話もだよ☆ 
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホテルルワンダ
20060215211057.jpg
先日ホテル・ルワンダという映画を見てきました
久々に衝撃でした
見終わった後、もう1回見たい! そう瞬時に思った作品
全てのストーリーを理解した上で又見てみたい、そんな映画でした


内容ですが、
1994年にアフリカのルワンダで、フツ族ツチ族という民族間の争いが起きました。
暴走化したフツ族の手で約80万人のツチ族が次々と虐殺されていきます。 しかし世界中、国連までもが「ルワンダは助ける価値のない国」と判断し救いの手を差し伸べませんでした。
そんな中、ホテルルワンダの支配人は自分の家族を守る為に命がけで戦います。
家族を守る為の行動がいつの間にか、他の多くのツチ族も守る事になっていく… 

シンドラーズリストのような実在の人物を描いているのですが、シンドラーと違うのは、最初から多くの人を助けようと思ったのではなく、自分の大切な物を守っていた、そしたら他の人々も一緒に守らなくてはならなくなった!という状況。
これが非常に真実味というか、人間クササというか、共感を感じました

そしてこの時代に、こんなに酷い事が実際に行われていたという事実
すごい昔の話ではなく、たった10年前にですよ!
100日で約100万人が殺されたなんて…

映画の中で「この虐殺の映像を世界で流したら、きっと助けが来てくれる!」
という主人公にホワキン・フェニックス演じるアメリカ人ジャーナリストが
「皆、大変ね… そう言いながらいつも通り食事を続けるんだよ」
と悲しそうに言うシーンがあります。
真実を突いているこのセリフに、胸の痛い思いになります。
事実、こんな酷い事がおきていたなんて、私はほとんど認識していなかったですもの。

ドン・チードル ソフィー・オコネドー ニック・ノルティ ホアキン・フェニックス 
ジャン・レノ
などといった名優たちを大胆に起用したこのホテル・ルワンダ、
昨年度の海外の映画祭で大絶賛されました。
なのに!日本での公開は危ぶまれていたのです…

20060215132335.jpg  そこでたち上がったのが1人の青年
 「水木雄太」さんです
 「ホテル・ルワンダ 日本公開を求める会
 を立ち上げ署名活動を開始
 短期間で約5000の署名を集めたのです

  そんな後押しもありようやく公開となったこの映画
  現在少しづつ全国に拡大ロードショーをしています
是非是非!皆さんにも見てもらいたい映画です

悲しい話だけでなく、暖かい物語もきちんと描かれています
そして最後のクレジットロール(出演者等名前が出る所です)で流れる歌
これが最高に素敵です 
映画を見た後にこの歌詞を聞くと
何とも言えない思いになって、涙が溢れてきます。
途中で帰らず、最後の最後まで映画を楽しんでくださいね



先日FM多摩の番組内で、水木さんにお話しをして頂きました
ルワンダへの熱い思い、当時の様子などなど…
純粋に映画が大好きで、ルワンダが大好きで、素敵な方でした

日経ビジネスに取材されたレポートに詳しく水木さんについてのっているので、こちらも覗いてみてください!

現在は
関東:シアターN渋谷 シネカノン有楽町 チネチッタ川崎等
北海道:スカイシネプレックス札幌劇場
関西:梅田ガーデンシネマ 京都シネマ会館
などで公開中ですが、他にも全国拡大中です。
詳しくは公式HPを! ホテル・ルワンダ

スポンサーサイト
この記事へのコメント
http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/でリンクが載っていたので、見に来ました。また見にきます。(^^)ノシ
ごろごろ[URL] 2006/02/15(水) 06:04 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2006/02/15(水) 06:06 [EDIT]
ごろごろさん
初めまして!そしてコメントありがとうございます。是非是非又遊びに来てください♪
ルワンダも良かったら見て、感想など教えてくださいね!

Hさん!
わざわざコメントありがとうございます。
直接メールを送りたかったのですが、分からないので、ブログ上に書かせてもらいました!
教えていただいた「メディアスーツ」さんの記事、どうやったら辿り着くのが苦戦しております・・・
もしよかったらURLを教えてもらえますか?
Yuko[URL] 2006/02/15(水) 16:04 [EDIT]
さくらいさま
Hです。
かえってお手数を掛けてしまったようですみません。

水木さんの記事が載っている
日経ビジネスEXPRESSの「EXPRESS X」のコーナーに
配給会社「メディア・スーツ」の記事も載っています。

URLは
http://nb.nikkeibp.co.jp/free/x/
です。いま、上から3番目にある記事ですね。
hiroyuki[URL] 2006/02/16(木) 05:14 [EDIT]
щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!
僕はなぜか激しく誤解してました・・・
もっと戦争色の強い映画だと思っていて
以前にコメント頂いた時に奥様と一緒に
行こうと思っても時すでに遅し

近々ホテルルワンダ見るために時間調整中です。
僕も見たら感想UPします。
ORIS[URL] 2006/02/16(木) 06:10 [EDIT]
Hさん。
わざわざ、ありがとうございます!
逆に気を使わせてしまいましたね(汗)
早速読んでみました。
かなり感動です。

ORISさん
是非是非みてくださいね!
感想も楽しみにしています。
Yuko[URL] 2006/02/19(日) 04:13 [EDIT]
ルワンダ見ました( ̄_ ̄|||) どよ~ん
当分ブルーな気分になりそうです。
感想は今晩にでも書きます
ORIS[URL] 2006/02/21(火) 23:25 [EDIT]
こんばんは。ホテル・ルワンダ見ました。胸が痛くなり、エンドロールで涙が溢れ出しました。悲しいねぇだけではない映画。何か自分に出来る事はないかと真剣に考える様になりました。沢山の人に見てもらいたいですね。
kanzume[URL] 2006/02/22(水) 01:09 [EDIT]
Orisさん
見てきたんですね!私もしばらくは、何とも言えない気持ちになりました。
やはり本当の話は説得力がありますよね!!
感想、ゆっくり待ってます☆

Kanzumeさん
コメントありがとうございます!
本当に、沢山の人に見てもらいたい、そして色々な事を考えてほしい映画ですよね。
もっと全国に広がるよう一緒に応援してください!!
Yuko[URL] 2006/02/22(水) 07:03 [EDIT]
ホテル・ルワンダ観てきました。この映画のチラシの見出しにも書いていましたが、まさに魂を揺さぶる感動の実話でしたね。
つい昨日のことのようですがあれから12年経ったのです。この映画では登場しませんでしたが、当時、日本の自衛隊も平和維持軍(PKO)として参加をしています。
あのような悲劇がこの世の中からなくなることが地球上に住んでいる人は誰もが思い願うことですが、残念ながら現実は世界中のどこかで何らかの紛争が尽きませんね。いかに平和と言うものがありがたいかが分かりますね。
1970年頃、イザヤベンダサンと言う外国人が「日本人は水と安全はタダで手に入ると思っている」と言う本を出版して日本国中センセーショナルなことがありましたが、今このことがよみがえってきました。
国の安全と平和がどんなに大切であり尊いものであるかを今一度かみ締めたいものです。この映画を日本中の人たち、いや世界中の人たちにぜひとも見て欲しいものと思う次第です。
殿&大奥[URL] 2006/02/24(金) 00:16 [EDIT]
私このブログをよんだだけで感動しました。
みなさんのコメントにもかんどうしました。
調べて時間つくってみます。
最近前売り券だけかってみにいかなかったえいがもありますが、この映画は観よう。このジャンルはさけていましたが、熱き想いが伝わってきました。
人魚姫[URL] 2006/02/24(金) 21:54 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

((((_ _|||))))ドヨーン
ホテルルワンダ見ました・・・・( ̄_ ̄|||) どよ~ん正直なにから書いたら良いのか。以前に『コンクリート』と言う映画を見た後怒りがこみ上げて来ましたが怒りではないにしても  [つづきを読む]
埼玉に住んでるオヤジ?のブログ | 2006/02/23(木) 02:22
Copyright © 2005 さくらいゆ~このホッとほっと一息♪ ~Hello from LA~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。